03 / 01 / 2016

skytron energy社が20 MW供給で日本市場に進出

2016年3月3日、skytron energy社は東京で開催の国際太陽電池展(PV Expo)で専門技術セミナー(PV-8)を行います。どうぞお越しください。

日本・東京-2016年3月1日

skytron® energy社は、同社技術が日本における太陽光発電プラントの約20メガワット(MW)分の電力の監視・管理に採用されたことを本日発表しました。このプロジェクト対象のプラントは、ファーストソーラー ジャパン社、サイバック・ソーラー社、IBC SOLAR社、横浜環境デザイン社及び日本ソーラーサービシズ社開発によるもので、これらすべて2016年3月末までにグリッド接続される予定です。

 

同社ビジネス開発及びセールス部長のリノ・ガルシア(Lino Garcia)氏は次のように語っています。「skytron energyで、我々は顧客の皆さまに効率的な運営と維持(O&M)のためにできる限り最高の解決方法を提供するよう努めております。当社製品は異なった市場規制や条件に常に適応されています。このため、世界中の投資家の方々のポートフォリオで信頼を得ています。当社の高品質な監視・管理技術で、プラント性能を最適化し、太陽エネルギーをより信頼できるものにしています。日本は当社にとって重要な市場で、財政優遇しつつ「エネルギーミックス」における太陽エネルギー量を増加させようと努力しており、それをサポートすることを心待ちにしています。」

 

東京の独立系電力供給者である日本ソーラーサービシズ社最高執行責任者のオリバー・レノン(Olivier Renon)氏は「skytron energy社の最先端技術を我々のプラントに昨年取り付けましたが、今後2016から2017年の間に建設、委託される発電所規模の当社ソーラープロジェクトで、再びskytron energy社と一緒に仕事をするのを楽しみにしています。」と話しています。skytron energy社は2015年から既に日本ソーラーサービシズ社の東京近郊の2プラントにおいて、その監視技術を担っています。

 

選出されたすべてのプラントに、skytron energyの監視システムの要であるSCADAソフトのPVGuard®が装備されます。これによって、プラントオペレーターはリアルタイムでプラント関連データの概要を把握することができます。プラントのコミュニケーションネットワークには天候センサーが統合されており、それで様々な環境データを計測して、プラント性能を最適化し、収入を最大化します。電力プラントに投資している投資家の方々は、単一のデジタルプラットフォームを通して情報を得ることができるので、遠隔監視の効率があがります。また、マルチサイト・マルチベンダーのSCADA Platformは日本語でもご利用いただけます。

 

サイバック・ソーラー社役員のダニエル・オーレッツ(Daniel Ohletz)氏は「国際デベロッパー・システムインテグレーターのサイバック・ソーラー社にとって、高品質と適正価格が重要です。日本での大規模太陽光発電プロジェクトにskytron energyを採用した理由は同社の高品質な製品です。」と述べています。skytron energyは鹿児島県でサイバック・ソーラー社が携わった2.6 MW規模のプラントに装備されます。

 

東京で開催の2016年国際太陽電池展(PV expo 2016)において、skytron energy社は日本市場向けの最新の電力発電所の監視・リアルタイム管理技術をお見せします。ビジネス開発及びセールス部長リノ・ガルシア氏は、2016年3月3日に専門技術セミナーのセッションPV-8でプレゼンテーションを行います。

 

skytron® energyについて

skytron® energyは1977年以来、監視・制御・管理用の統合システムを開発しています。今日では業界主要サプライヤーの一社として実用規模と商用の発電所を専門としており、これまでに1,000以上の発電所で監視・制御システムのインストールを手掛け、総容量は6.5 GWpを超えています。skytron® energyの中核事業は、発電所の状態監視、制御、遠隔管理、既存の発電所のシステム移行、運用・保守、PV資産管理です。ドイツ ベルリンに本拠地を置いています。skytron® energyはテクノロジーリーダーとしてこれまでに、特に人気の高いソーラー産業賞(「skylog」データロガーシステムに対し)、InterSolar賞(「PVGuard」管理用プラットフォーム、および「StringGuard」ストリング電流測定システムに対し)をはじめとして、数々の名誉ある賞を受賞しています。

 

関連情報はWEBサイト (www.skytron-energy.com) を参照してください。

 

 

 

報道関係者様お問い合わせ窓口:Doreen Rietentiet, DWR eco GmbH, 電話:030.609819504, 電子メール: dr_at_dwr-eco.com

Darija Jezidzic, マーケティングマネージャー, skytron® energy GmbH, 電話: +49 30 338 430 790 電子メール: d.jezidzic_at_skytron-energy.com

Next article

02 / 10 / 2016

Back to all news

Newest

Articles

07 / 27 / 2017

日本のメガソーラーがskytron energy の監視テクノロジーを採用

日本の47 MWp太陽光発電所が遠隔開閉操作、データロギング、SCADAプラットフォームを導入予定

04 / 25 / 2017

skytron energy が発電所管理システムを日本に設置 – 北海道電力向けに遠隔制御システムをカスタマイズ

2017年4月25日、ベルリン-北海道の太陽光発電所で、skytron® energy製の監視・制御・管理システムが運転をスタートした。Saferay Pte. Ltd.によって運営されている伊達ソーラー発電所は合計出力10.32 MWp、年間発電量11,000 kWhを誇り、3000戸の住宅にクリーンエネルギーを供給している。

06 / 29 / 2016

skytron® energy、日本の太陽光発電市場へ進出

·      “メイド・イン・ジャーマニー”のテクノロジーで北杜市2カ所のPVプラントの操業をトラブルフリーに

·      skytron® energyが日本国内のサービスサポート開始へ

ニュースレター

ニュースレターへのご登録はこちらから

to top